新規開拓のチャンスをくれた赤羽ラダー

私が東京のイベント会社勤務の友達とよく飲みに訪れる街赤羽。そう、山田孝之主演でテレビ放送していた「東京都北区赤羽」の舞台です。テレビで見ていたのと変わらないディープな街でまさに呑兵衛の天国赤羽。私は月に1度は赤羽で飲むほどお酒と赤羽を愛していました。
ある時その友人と赤羽のとある居酒屋で飲んでいるとふと目に飛び込んできたポスター、そこには「赤羽ラダー」の文字。決められた10数店舗のなかから5件選んではしご酒をする企画でした。費用は前払い制で6000円。各お店では2000円分注文できるお得なイベントでした。私と友達はすぐにそのチケットを購入しました。

 

赤羽ラダー当日、開始は17時でしたので開始ピッタリに私たちは居酒屋に入りました。今まで行ったことのない新しいお店を開拓することを目的としていたので焼き肉居酒屋や雑居ビルの中にあるスナックなどにも行きました。そして一番ヒットしたのがタイ料理の店ワニダ。この店は「東京都北区赤羽」にも実際に登場していてワニダさんという名物ママが切り盛りしていました。お店は狭く8人くらいが座れるカウンターがあるだけでしたが、この狭さとママのトークがアットホーム感を醸し出しとても居心地がよかったです。タイ料理も美味しかったしとても楽しい時間を過ごせてリピート決定でした。

 

赤羽ラダーのイベントに参加したことで新しいお気に入りのお店を発掘することができました。お店側にとってもアピールになるでしょうしとてもいい企画だなと思いました。